Aug 3, 2016

『秋刀魚の味』のポルカ シャンソンバージョン

フランスのシャンソン歌手であり、俳優としても活躍中のフレデリック・ロンボアさんから、何とも素敵な音源が届きました。
ロンボアさんは、曲調から秋ではなく春のセーヌ川をイメージして、フランス語の歌詞を書いてくだいました。


LA POLKA DU PRINTEMPS 「春のポルカ」

LE CIEL MAGICIEN DU PRINTEMPS DE PARIS
ÉCLAIRE LES RÈVES DES AMOUREUX
ON ENTEND LE VENT QUI CHANTE POUR LA PLUIE
L’ARC EN CIEL ÔTE À LA SEINE SON REFLET GRIS
パリの春の魔術師のような空は
恋人達の夢を輝かせる
雨に歌う風の音に耳を澄ませば
虹はセーヌの灰色の光をぬぐい去る

ET LES BATEAUX GLISSENT EN CŒUR
COMME DES CYGNENT ÉTONNÉS
TRAINANT UN LONG SILLAGE BLANC
ET LES AMOUREUX À LEUR BORD
MAIN DANS LA MAIN SOUS LES EMBRUNS
SE FONT BÉNIR PAR LE PRINTEMPS.
船は心に滑り込む まるで驚いた白鳥達が
白く長い波をたなびくように
もやに包まれ手と手を取り合い 船上の恋人達は
春に祝福される

POLKA DU PRINTEMPS
SOUS LE CIEL DE LA SEINE
春のポルカ
セーヌの空の下

TON CŒUR JOYEUX A OUBLIÉ MON CŒUR
TA MAIN LÉGÈRE A GLISSÉ DE MA MAIN
LA POLKA MÉLANCOLIQUE, AVEC ARDEUR
TOUBILLONE DANS MA TÊTE COMME UN MOULIN.
あなたの楽し気な心は 私の心を置き去り
あなたの手は私の手から軽くすり抜けて行った
もの憂わしいポルカ 情熱とともに
風車のように私の頭の中をくるくる回る

NOTRE BATEAU TRISTE BONHEUR
GLISSE SOLITAIRE AVEC MOI
SANS TA MAIN, SANS TES YEUX ,SANS TOI
MAIS LA POLKA ET L’ARC EN CIEL
ET LES AMOUREUX SUR LA SEINE
ÔTE À MON CŒUR UN PEU DE PEINE.
私たちの悲しくも幸せな船は 私を乗せて孤独に進む
あなたの手も無く あなたのまなざしも無く あなた無しで
でも ポルカと虹とセーヌの恋人達は
私の心から少しばかり胸の痛みをぬぐい去る

POLKA DU PRINTEMPS
EST UN PEU MAGICIENNE.
春のポルカは
ちょっとした魔術師

LES PRINTEMPS DE PARIS
NE SONT JAMAIS GRIS.
パリの春は
決して灰色にならない

Musique : TAKANOBU SAITO
Texte : FRÉDÉRIC LONGBOIS

Posted in トピックスComments Closed 

関連記事