Jun 18, 2017

小津監督が愛した音楽メドレー♪

6/24(土)の15時から、御茶ノ水ブックカフェ「エスパス・ビブリオ」で小津映画トーク&ライブイベントを開催します。今回の企画の中で、特にイチ押しなのが「小津監督が愛した音楽メドレー♪」です。

実は、「小津安二郎が愛した音楽」というCDがあり、そこから何曲か選んでいますが、特筆すべき点は、関係者しか知りえない小津監督がお好きだった曲をセレクトしていることです。今回のメドレーも、CD同様アメリカ編とヨーロッパ編に分かれていますが、CDには含まれていない「埴生の宿」「アニー・ローリー」「ビア樽ポルカ」を選曲しました。

小津監督は、ご自分が好きな曲を映画の中で使用する傾向がありました。また、父が監督ご本人から聞き出したり、小津監督の音楽の趣味についてよくご存じだった、カメラの厚田雄春さんから教えてもらった曲もあったそうです。その辺りのエピソードも、当日イベントの中でご紹介させていただきます。

しかも、タイムリーなことにイベント前日には、Eテレの「ららら♪クラシック」(23日午後9時30分から)の中で「埴生の宿」を採り上げるそうです。http://www4.nhk.or.jp/lalala/
24日のイベントでは歌も披露しますので、「ららら♪クラシック」とのアレンジの違いなどもお楽しみいただけるのではないでしょうか。

《曲目》
「東京物語」より主題曲~夜想曲
「早春」より主題曲
「東京暮色」よりサセレシア
「彼岸花」より主題曲
「浮草」より主題曲~ポルカ
「秋日和」より主題曲~ポルカ
「秋刀魚の味」より主題曲~ポルカ~終曲

《小津映画音楽に関するエピソード》
①「夜想曲」がほとんど聴こえない理由とは
②「サセレシア」誕生のいきさつ
③「小津調ポルカ」誕生のいきさつ
④小津監督との別れ

《小津監督が愛した音楽メドレー♪》
ヨーロッパ編:埴生の宿~アニー・ローリー~サ・セ・パリ~ヴァレンシア~ビア樽ポルカ
アメリカ編:放浪者の歌~南京豆売り~私の青空~オールド・ブラック・ジョー~主人は冷たい土の中に

[日時]6月24日(土)15:00~17:00(14:30開場)
要予約/ワンドリンク付き 2,500円(当日精算)
[予約]メール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp)
または電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

メール受付:件名「6/24 小津映画音楽希望」にて
お名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。
※定員50名様

[会場]ESPACE BIBLIO(エスパス・ビブリオ)

事業の目的


〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビルB1F

Posted in トピックスComments Closed 

関連記事

Translate »