プッチャリン・チャンネル

プッチャリン・チャンネルを登録しました。プッチャリンは、大道芸人、パントマイムアーティスト、スタンダップコメディアン、浅草のチャップリン、日本のマルセル・マルソーと称されることもあります。また、牧伸二、泉ピン子の付き人として、それぞれ3年間修行した経験を持ちます。

1994年、世界最大のクラウン養成・交流の場である、アメリカウィスコンシン州立大学クラウンキャンプに参加。国際的なクラウンの祭典で、様々な国と地域のクラウンから技術を吸収しました。同年、フランスのポンピドゥー国立芸術文化センターで大道芸を披露するなど、活躍は日本に留まりません。

往年のチャップリンを彷彿とさせるスタンダップコメディから、会場内のグリーディングまで、浅草では超有名な人気芸⼈です。山高帽にチョビひげ、えんび服、喜劇王チャップリンの扮装で路上パフォーマンスを繰り広げています。

福岡県久留⽶市の⾼校を卒業後、航空⾃衛隊、飲食店、ホテルマンなど転職を重ね、役者を⽬指して上京。牧伸⼆の付き⼈を振り出しに、東京ディズニーランドのダンサー、ストリップ劇場のコント、⼤衆劇団の役者など様々な仕事を経験。現在、芸⼈活動を続ける傍ら、⽇本交通グループのタクシー会社で運転⼿として働いていますが、本業はあくまで芸⼈です。

次回は、フェリーニの「道」で大道芸人ザンパノ役に挑戦、チャップリンの「モダンタイムス」からティティナを披露します。また、小津安二郎の名作「東京物語」では笠智衆にもチャレンジ、パントマイム、ダンス、歌、朗読、コメディなど、マルチパフォーマーとしての才能を遺憾なく発揮します。プッチャリンが、笑いと涙の浅草伝統喜劇を体現し、これまでに開催したイベントはいずれも超満員、立ち見が出るほどの大盛況でした。次回(2020年2月8日)も、皆様の期待は決して裏切りません!

プッチャリン氏とは、劇団にんげん座を通じて知り合い、その後も親交を続けています。2020年2月8日に浅草雷5656会館で開催される「プッチャリンあちゃくちゃスマイル」へは、我々サイトウ・メモリアルアンサンブルも出演することになりました。プッチャリンさんのパフォーマンスと我々の生演奏がどのような化学反応を生み出すのか、今から大変楽しみなイベントです。皆様も是非ご期待ください!

#パントマイム #スタンダップコメディ #グリーディング #クラウン #橋達也 #牧伸二 #泉ピン子 #チャップリン

Translate

category

ページ上部へ戻る
Translate »